地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2020年10月号 vol.6(10)

消えゆくエビデンス

「間違える医療」の正しさ

"効果があるはずの新薬のエビデンスが、いつの間にか消えている、効果がないばかりか害があるとわかる、といった経験がしばしばあります。"  これは、今回の特集号のテーマについての...

  いいね!   kangosyoku_no_ebm kangosyoku_no_ebm

「医療が消えゆく」ということについて

「エビデンス」と「医療」。この2つの言葉に対してどんなイメージを持っているでしょうか。「消えゆくエビデンス、消えゆく医療」という特集テーマを頂いた時、最初に感じたのは「エビデ...

  いいね!   syuichiao syuichiao

卵は戻ってきたか

みなさん,こんにちは。シンノユウキ(@shinno1993)です。今月号のテーマは「消えゆくエビデンス、消えゆく医療」です。私は医学や薬学の世界の専門家ではありませんが,それ...

  いいね!   shinnoyuki shinnoyuki

ねこでも読める医学論文 番外編「さらば、消えていった薬よ」

はじめに 今回は企画特集号です!テーマは「消えゆくエビデンス、消えゆく医療」。去年は、バタバタしていて10月号は企画特集号だということを失念して、通常回をアップしてしまい、期...

  いいね!   ph_minimal ph_minimal

ステップ4の事例集積を

あの薬も消えていった 「消えゆくエビデンス」というテーマからぼくが最初にイメージしたのは、脳循環代謝改善薬です。 イデベノン(販売名:アバン)、塩酸インデロキサジン(販売名:...

  いいね!   bycomet bycomet

バックナンバー(もっと見る)

2021年12月号 vol.7(12)

希望ってなんだっけ この先にどんな未来が待ち受けているのか 森はつづくのか...

2021年10月号 vol.7(10)

ノセボがあるのは、 医療に不安や畏れがあるから。 プラセボがあるのは、 医...