地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2022年08月号 vol.8(8)

「看護師」に関連する記事

[新連載] 病気になっても良い人生と言えるか。

この世には、僕たちがどれだけ注意を払おうが、どれだけ健康に気を遣っていようが、避けられない疾患があります。生活習慣病を改善して、たとえ"がん"を防ごうが、"糖尿病"を防ごうが、防…

  いいね!   toshiki__otsuka toshiki__otsuka from 2021年05月号 vol.7(5)

これってどうなの?〜感染管理の脇道〜 第3回「指輪」

11月号から新しく連載している「これってどうなの?〜感染管理の脇道〜」の第3回となります。これは感染管理における、「これってどうなの?」というもの、特に教科書などであまり解説され…

  いいね!   kangosyoku_no_ebm kangosyoku_no_ebm from 2020年01月号 vol.6(1)

根拠の性質と「有る無しの次元」からの脱却

インターネットが普及した現代において医療情報は飽和状態とも言えるような状況です。また、医学の発展に伴って医学知識の絶対量の増加速度もどんどん早くなっているので、それも後押ししてい…

  いいね!   kangosyoku_no_ebm kangosyoku_no_ebm from 2019年10月号 vol.5(10)

看護師の学歴が高いと患者死亡率が下がる?

「やっぱり大卒の人よりも専門学校卒の人は現場にすぐ馴染みやすいね〜」看護の業界ではこういった意見があったりします。「私、大卒だから専門学校卒の人よりも技術的な面で不十分かもしれな…

  いいね!   kangosyoku_no_ebm kangosyoku_no_ebm from 2019年09月号 vol.5(9)

身体拘束のエビデンス

"身体拘束"これは文字通り身体を動かないように拘束することを意味します。色々な論文でも「身体の動きを制限するもの」と定義されていることが多いように思います。そして、病院などではし…

  いいね!   kangosyoku_no_ebm kangosyoku_no_ebm from 2019年08月号 vol.5(8)

「いつもと違う?」が患者を救う?

病院では様々な職種のスタッフが勤務していますが、その医療従事者の中で一番入院患者と接する機会が多いのは間違いなく看護師でしょう。看護師は昼も夜も病棟に(交替で)常駐していて、患者…

  いいね!   kangosyoku_no_ebm kangosyoku_no_ebm from 2019年05月号 vol.5(5)

バックナンバー(もっと見る)

2022年07月号 vol.8(7)

やがて雨は上がって 虹がかかり 空は晴れ渡るのだろう 想定外の早い梅雨明け そ…

2022年06月号 vol.8(6)

会えるまでの遠い道のり 理解されるまでの遠い道のり 透明の板が高い壁となって …

2022年05月号 vol.8(5)

いつからか 世間はもう ほろ苦い香りを忘れてしまった 苦さといえば たいてい、…