地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2017年08月号 vol.3(8)

かぜにはプラセボでも効く?

2017年07月30日 09:57 by bycomet

 読者のみなさん、こんにちは。暑い夏の毎日、いかがお過ごしでしょうか。

 かぜの研究はちょっと季節はずれですが、すぐに秋は来ます。怯まずにつづけたいと思います。

 地域医療ジャーナル 2017年6月号のぼくの記事 プラセボの予後からわかること では、なぜそもそも治るはずのかぜに対して無益な治療がつづけられるのか、と疑問を投げかけたところでした。

 こうした、治療効果が少ないという科学的知見を突きつけられたとき、よく医療者が考えることがあります。(実際によくささやかれます。)

薬が効かないなら、プラセボ(偽薬)を使えばいいんじゃないですか?

 

 もちろん、そんなことはできないのですが、医療者の「何かをしてあげないと気がすまなくなる質」というものには、本当に困ったものです。

 それでは、かぜに対するプラセボの効果についての論文をみておきたいと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「体を温めて免疫力アップ」で本当に感染症は予防できるの?

2020年04月号 vol.6(4)

インフルエンザウイルスの排出はしばらくつづく

2019年03月号 vol.5(3)

医療の古き慣習は変えられるか?

2019年02月号 vol.5(2)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年07月号 vol.6(7)

誰にもいつか訪れる時間。 それは遠い未来かもしれないし、近い未来かもしれな...

2020年06月号 vol.6(6)

なくなって困るものもある。 なくなっても困らないこともある。 「医療に依存...

2020年05月号 vol.6(5)

人類の「目に見えない敵」との戦いは、 いまだ先が見通せません。 世界中の人...