地域医療ジャーナル

2018年06月号 vol.4(6)

編集後記

2018年05月30日 10:29 by bycomet

 

 

 読者のみなさま、今月も最後までお読みいただき、ありがとうございます。今月号はいかがだったでしょうか。

 テーマは「釣り合うこと」としてみました。

 エビデンスを集めることはとても大事な作業、と考えていますが、それをどう使うかはそれぞれの判断になります。

 エビデンスがあれば、判断はどう変わるでしょうか。エビデンスは調べたほうがいいのでしょうか。

 どうせ活用しないのだから、エビデンスは知らなくていい、という人もいることでしょう。

 人生において何が釣り合えばいいのか、どこに価値を置くのか、人それぞれ。少なくとも、エビデンスが最も大切だ、医療が最も大切だ、といった原理主義的思考には陥らないよう、ゆとりを持っていきたいものです。

 そして、地域医療ジャーナルは読んだほうがいいのか? という問いも、編集者の立場としてあえてここに投げかけておきたいと思います。

 

読者登録、ツイッターフォローお願いします

 おかげさまで、ひきつづき読者数は順調に推移しております。記者のみなさん、Publishersさん、そして読者のみなさんの支えなくしては、ここまで来れませんでした。ありがとうございます!!

 さらに質の高いウェブマガジンを目指して、挑戦をつづけたいと思います。これからも、ご支援よろしくお願いいたします。

 読者登録は、サイドバーの「読者登録する」ボタンか 地域医療ジャーナルの読者登録 からどうぞ。

 また、ツイッターも積極的に活用していきます。こちらもぜひフォローお願いします。

 ツイッター:ウェブマガジン「地域医療ジャーナル」

 

オンラインコミュニティ参加者募集中

 2018年5月、地域医療ジャーナルは公式オンラインサロン「地域医療編集室」を開設いたしました。

 ウェブマガジンによる情報発信から3年、さらに具体的な行動へ歩みを進めていきたい、と考えております。

 エビデンスのやさしさと癒し手のあたたかさをもって、地域医療を変えていこう、というコンセプトです。

 医療をアップデートするための新しい取り組みを、一緒に学び、考え、実践していく人々が集まる場をつくりたいと思います。

 参加には月額料金を設定させていただきますが、参加条件はありません。医療に従事していない方も大歓迎です。特に、医療におけるエビデンス・情報発信・音楽の活用のいずれかの分野に関心があり、楽しく積極的に参加できる方が適しています。

 まるで近くにいるかのような親しさで、自然にオンライン上に交流の場(居場所)がつくれるようになっています。ぜひ、ご検討ください。


これからの医療を考える本格的医療コミュニティをつくりませんか?
https://camp-fire.jp/projects/view/76122 

 

トークライブ開催のご案内

 来る2018年6月10日(日)、東京都内で本誌記者 佐藤由美子さんのトークライブを開催いたします。

 ぜひ、ご参加ください!

医療における音楽の活用を広めるためのトークライブ

「ラストソング―医療と音楽の出会い」

講師 米国認定音楽療法士 佐藤由美子さん

日時 2018年6月10日(日) 14:30~16:00

場所 東京メトロ 神保町駅 付近

料金 1,500円(自由席)

チケット予約 http://comeoevent.peatix.com 

 

 それではこのあたりで。また、来月号でお会いしましょう。

関連記事

[告知] オンラインコミュニティ、つくります

2018年05月号 臨時増刊 vol.4(supplement 1)

編集後記(2つの重要なお知らせ)

2018年05月号 vol.4(5)

編集後記

2018年04月号 vol.4(4)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年05月号 vol.4(5)

同質のものを合わせることよりも、  異質のものを合わせたほうが、  新しい...

2018年04月号 vol.4(4)

気分とは何だろう。  いっせいに咲いて散りゆく桜吹雪を眺めながら、  生き...