地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2021年10月号 vol.7(10)

ノセボを「疾患(Disease)」と「病い(Illness)」の視点で考える

2021年09月25日 21:13 by yktyy

岡山で家庭医をしている横田雄也と申します。

私の連載では、日常生活や医療現場の様々なトピックを、できるかぎり多角的な視点で考え、発信していこうと思っています。

個人ブログ(https://yktyy.hatenablog.com/) では、主に読書からの学びや、家庭医療・総合診療に関する内容を発信していますので、よろしければご一読ください。

 

さて、今月号の地域医療ジャーナルは、ノセボとプラセボがテーマとなっております。
他の記事ですでにノセボやプラセボについて解説されておりますので、詳しくはそちらをご参照ください。

簡単に説明しておくと、ノセボは、患者が副作用を気にかけることによって、偽薬でも副作用が生じたり、薬剤の効果が減少したり、副作用の頻度が高くなるといった効果のことです。

 

最近発表されたものを挙げますと、脂質異常症の治療として使用されるスタチンに関する研究(1)で、アトルバスタチン20mg/日またはプラセボ薬投与中に、それぞれの患者が報告した筋症状の有病率や重症度、患者のQOLに関し、有意な差がなかったとのことです(詳細については原著をご参照ください)。つまり、スタチンの副作用のひとつである軽い筋症状が、実はノセボなのではないかということです。

 

この研究で取り上げられているスタチンだけでなく、医療現場ではノセボとみられる事象に遭遇する機会が度々あります。そして往々にして、医療者はこのノセボに対して陰性感情を持ってしまいがちです。患者の症状がノセボなのだとわかると、「気のせい」や「思い込み」という言葉とともに、ないがしろにしてしまう場面も見受けられます。

 

ノセボは気のせいや思い込みなのでしょうか。そして、たとえ「気のせい」や「思い込み」だったとしても、ないがしろにしても良いものなのでしょうか。

 

そこで今回、ノセボを「疾患(Disease)」「病い(Illness)」の視点で考えてみます。

 ※参考文献

(1):Emily Herrett, et al. Statin treatment and muscle symptoms: series of randomised, placebo controlled n-of-1 trials. BMJ. 2021; 372.

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年09月号 vol.7(9)

原点を見直そう。 そう思えたのは、 アツい連載記事の数々があったから。 今...

2021年08月号 vol.7(8)

地域医療ジャーナル創刊から6年。 医療介護現場には「深い谷間」が至るところ...