地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2015年05月号 vol.1(3)

軽度認知障害は早期診断・早期治療をした方が良いですか?

2015年04月19日 22:46 by tyabu7973
2015年04月19日 22:46 by tyabu7973
「軽度認知障害は早期診断・早期治療をした方が良いですか?」

 皆様こんにちは。栃木県内の総合病院に勤務している内科医です。地域医療 ジャーナルをご購読頂き有り難うございます。楽しく医療情報を提供して行ければと思います。今回も私は高齢者の話題を取り上げます。大元のブログは栃木県の総合内科医のブログです。日々情報更新しておりますので、お暇がありましたらお立ち寄りください。

1.はじめに

 さて、高齢者 診療第3弾として、軽度認知障害(以下MCI)を取り上げます。MCIとはMild Cognitive Impairmentの略で、非常にざっくりというと、認知症には至っていない認知機能障害(物忘れ)ということになります。今回もJAMAというアメリ カの内科雑誌のまとめ論文"The Diagnosis and management of mild cognitive impairment”1)を元にまとめていこうと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

認知症の方の行動・精神症状(BPSD)とは何でしょう?また、対応はどのようにしたらよいでしょうか?②

2015年07月号 vol.1(5)

認知症の方の行動・精神症状(BPSD)とは何でしょう?また、対応はどのようにしたらよいでしょうか?①

2015年06月号 vol.1(4)

高齢者の良くならない痒みはどうしたら良いでしょう?

2015年04月号 vol.1(2)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年08月号 vol.8(8)

物事には余白が大事。 荷物をめいっぱいに詰め込み、 あふれてしまっています。 …

2022年07月号 vol.8(7)

やがて雨は上がって 虹がかかり 空は晴れ渡るのだろう 想定外の早い梅雨明け そ…

2022年06月号 vol.8(6)

会えるまでの遠い道のり 理解されるまでの遠い道のり 透明の板が高い壁となって …