地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2015年07月号 vol.1(5)

報告:薬剤師のジャーナルクラブ シンポジウム2015

2015年06月17日 00:00 by syuichiao
 2015年6月12日、「薬剤師のジャーナルクラブ」主催のシンポジウムが株式会社つくば研究支援センターの研修室で開催されました。先月予告しました通り、今回そのシンポジウムで話された内容について簡単にまとめながら、その概要をお伝えしたいと思います。

 医学論文の読み方を学ぶだけではない新たな学びを発掘する企画として、薬剤師の医療における立ち位置を、原点回帰というような既存の枠組みで再考するのではなく、今ある私たちを取り巻く環境を踏まえて、実際にどのようなアクションを起こしていけばよいのか、すなわち薬剤師の臨床における実際の行動原理に迫るという趣旨で開催いたしました。

 第一部では「薬剤師のジャーナルクラブ」のコアメンバー3名がそれぞれのテーマでお話ししました。
 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

[報告] 「どうせ死ぬんだから」~治療の無益性にまつわる3つの情景~

2020年07月号 vol.6(7)

[報告] 死は終わりではなく、単なる句読点

2020年07月号 vol.6(7)

[寄稿] 「どうせ死ぬんだから」参加者からのコメント

2020年07月号 vol.6(7)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年07月号 vol.6(7)

誰にもいつか訪れる時間。 それは遠い未来かもしれないし、近い未来かもしれな...

2020年06月号 vol.6(6)

なくなって困るものもある。 なくなっても困らないこともある。 「医療に依存...

2020年05月号 vol.6(5)

人類の「目に見えない敵」との戦いは、 いまだ先が見通せません。 世界中の人...