地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2022年03月号 vol.8(3)

最新の医学論文から見る新型コロナウイルス感染症に対するイベルメクチン

2022年02月27日 16:07 by syuichiao

 新型コロナウイルス感染症の治療薬候補として、イベルメクチンという薬に関心が集まったことは記憶に新しいと思います。同薬は実験的な研究において、インフルエンザウイルス、デングウイルス、ジカウイルス、黄熱病ウイルスなど、様々なウイルスを不活化させることが知られており、新型コロナウイルスについても抗ウイルス作用が報告されていました【1】〜【3】。一方、人を対象とした研究では、その有効性が一貫して示されているわけではありません。

  新型コロナウイルス感染症に対するイベルメクチンについて、これまで数多くの研究が報告されてきました。同薬の効果に関する基本的な考え方は、以下の動画でも解説していますので、ぜひご覧ください。

  そのような中、2021年12月にイベルメクチンの有効性・安全性を検討したシステマティックレビュー・メタ分析【4】が報告されました。この論文では2021年9月までに報告された観察研究3件、ランダム化比較試験14件が分析対象となっています。

  その結果、 新型コロナウイルス感染症に関連した死亡リスクは、イベルメクチンの投与で23%低下する傾向が示されました(ハザード比0.77[95%信頼区間0.50~1.19]。この分析ではまた、有害事象の発生率に統計的有意な差を認めていません。死亡リスクが低下する傾向にあるという解析結果をどう解釈するかによって、イベルメクチンの効果に対する見解が分かれるところでしょう。

  今回の記事では、新型コロナウイルス感染症に対するイベルメクチンの有効性について、最新の医学論文を紐解きながら、現段階で明確になってきた事実を整理したいと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

炎症反応を抑えることは心臓病予防につながる?動脈硬化性疾患の予防に対する抗炎症アプローチの軌跡

2022年02月号 vol.8(2)

夏から秋は脱げ毛が多い!? 気になる頭髪の抜け毛、その人種的特徴と”ミノタブ”について

2021年05月号 vol.7(5)

コロナ禍における生活の変化と健康状態への影響

2021年01月号 vol.7(1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年05月号 vol.8(5)

いつからか 世間はもう ほろ苦い香りを忘れてしまった 苦さといえば たいて...

2022年04月号 vol.8(4)

カタルシス ―精神の浄化や排泄のこと。 無意識のうちに心に潜む 抑圧的な感...

2022年02月号 vol.8(2)

新型コロナウイルス感染症が 国内で流行してから2年 医療現場でおこった変革...