地域医療ジャーナル

2017年07月号 vol.3(7)

記者: syuichiao

青島周一

経歴

病院薬剤師です。薬剤師が関わる地域医療の形を模索しています。
日経DIコラム: 症例から学ぶ 薬剤師のためのEBM
http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/di/column/ebm/

記事一覧

ポリファーマシーをめぐる問題とヘルスリテラシー (2017/06/07 20:28) from 2017年07月号 vol.3(7)      Like
報告:『みんなで愉しくEBM!エビデンスを探して読んで行動しよう!!』ワークショップ (2017/06/13 20:47) from 2017年07月号 vol.3(7)      Like
薬剤効果の不平等性~曖昧性の背後に存在する、ある種の冷酷さについて~ (2017/04/28 17:02) from 2017年06月号 vol.3(6)      Like
告知:『みんなで愉しくEBM!エビデンスを探して読んで行動しよう!!』ワークショップ開催のお知らせ (2017/05/09 21:32) from 2017年06月号 vol.3(6)      Like
報告:『みんなで考える臨床疑問と、EBM実践はじめの一歩』ワークショップ (2017/05/09 21:09) from 2017年06月号 vol.3(6)      Like
医療情報源としてのウィキペディア (2017/04/07 20:27) from 2017年05月号 vol.3(5)      Like
小説と権威と、学びの“かたち” ~権威介在型モデルから消費者生成型モデルへ~ (2017/03/05 21:43) from 2017年04月号 vol.3(4)      Like
開かれた医療とその敵-最終節:開かれた医療へ (2017/02/08 21:08) from 2017年03月号 vol.3(3)      Like
告知:『みんなで考える臨床疑問と、EBM実践はじめの一歩』ワークショップ開催のお知らせ (2017/02/10 21:27) from 2017年03月号 vol.3(3)      Like
開かれた医療とその敵:第4節-“投与を考慮すべき”という薬剤の効果に関する考察 (2016/12/26 21:15) from 2017年2月号 vol.3(2)      Like
[原著] 薬剤効果の構成的実在論 (2016/12/25 21:39) from 2017年1月号 vol.3(1)      Like
開かれた医療とその敵:第3節-流転する万物の背後に潜む闇- (2016/12/05 21:37) from 2017年1月号 vol.3(1)      Like
開かれた医療とその敵:第2節-明確性をもたらすものを盲信した果てに- (2016/11/02 21:04) from 2016年12月号 vol.2(12)      Like
開かれた医療とその敵 (2016/10/07 21:33) from 2016年11月号 vol.2(11)      Like
医療は人を癒せるのか~“医療化”に存在しうる「差別」と「希望」について~ (2016/09/09 17:55) from 2016年10月号 vol.2(10)      Like
「事例から学ぶ疫学入門」最終回:どんな研究デザインが一番すぐれている? (2016/08/15 19:42) from 2016年09月号 vol.2(9)      Like
「事例から学ぶ疫学入門」第11回:睡眠薬で認知症になる?~因果関係と逆の因果~ (2016/07/15 11:54) from 2016年08月号 vol.2(8)      Like
「事例から学ぶ疫学入門」第10回:薬が効くとはどういうことか~薬剤効果の3世界論~ (2016/06/08 21:41) from 2016年07月号 vol.2(7)      Like
報告:薬剤師のジャーナルクラブ:第2回リアルワークショップ (2016/06/15 21:48) from 2016年07月号 vol.2(7)      Like
「事例から学ぶ疫学入門」第9回:薬剤効果の偶然性と必然性~統計的仮説検定の解釈~ (2016/05/04 21:11) from 2016年06月号 vol.2(6)      Like

バックナンバー(もっと見る)

2017年06月号 vol.3(6)

医療に思いやりがなくなった、と世間で言われたことがあります。  それは、だ...

2017年05月号 vol.3(5)

ようやく郷里の桜の便りが届きました。  ソメイヨシノは東京では4月に満開を...

2017年04月号 vol.3(4)

学びのカタチが変わっている―これは最近よく感じることです。  百聞は一見に...