地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2015年07月号 臨時増刊 vol.1(supplement 2)

EBMはSackettがもたらしてくれたご縁

2015年07月06日 14:12 by 89089314
2015年07月06日 14:12 by 89089314
 David Sackettという方のことは、正直あまりよく知りません。
 見たことも話したこともありませんからね。

 Gordon GuyattとともにEvidence Based Medicine(EBM)という概念を構築し提唱した方だというぐらいなら知っていますが、その論文を直接読んだことはありません。しかし、患者さん中心の医療という基本理念と実践は昔からあったものの明示的ではなかったものを、EBMという風に言語化したことは大いなる功績であることは分かります。私はそのおかげで、EBMスタイルとでも呼ぶべき行動様式を身に付けることができました。

 今回はエビデンスの話ではないので少々観念的で感傷的な話かもしれませんが、Sackett氏追悼の意を込めて、私のEBMとの出会いについて話してみましょう。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

EBMって何?「エビデンス」ってどこにあるの?

2021年09月号 vol.7(9)

David Sackett (1934-2015)

2015年07月号 臨時増刊 vol.1(supplement 2)

EBMと私

2015年07月号 臨時増刊 vol.1(supplement 2)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2023年2月号 vol.9(2)

渦中にいると気づかないぐらい ささいな判断の違いが 後になって大きかったとわか…

2023年01月号 vol.9(1)

人らしさ それは人間が持つ、魅力的で神秘的なもの。 その聖域が 人工知能(AI…