地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2016年08月号 vol.2(8)

去痰薬はかぜに効く?

2016年07月24日 17:34 by bycomet

 

 読者のみなさま、こんにちは。

 さて、今回もかぜの時によく処方されている薬について。前回のトラネキサム酸につづいて、今回は去痰薬です。かぜの時には痰がからんで不愉快だったりしますが、そういった症状のときに、痰切りとか痰を出しやすくします、といった効能で処方されているようです。

上気道炎の去痰にも

 効能・効果はどのようになっているでしょうか。代表的なムコダイン(L-カルボシステイン)について確認しておきましょう。

効能・効果
○下記疾患の去痰  
 上気道炎(咽頭炎、喉頭炎)、急性気管支炎、気管支喘息、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺結核
○慢性副鼻腔炎の排膿

 ということで、こちらは上気道炎(咽頭炎、喉頭炎)でも処方できることとなっています。

 海外でもよく処方されているようで、今回紹介する論文の序文にはこのように紹介されています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

インフルエンザ感染症と比較する新型コロナウイルス感染症

2021年02月号 vol.7(2)

「体を温めて免疫力アップ」で本当に感染症は予防できるの?

2020年04月号 vol.6(4)

インフルエンザウイルスの排出はしばらくつづく

2019年03月号 vol.5(3)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年05月号 vol.8(5)

いつからか 世間はもう ほろ苦い香りを忘れてしまった 苦さといえば たいて...

2022年04月号 vol.8(4)

カタルシス ―精神の浄化や排泄のこと。 無意識のうちに心に潜む 抑圧的な感...

2022年03月号 vol.8(3)

混沌とした世界。 悪夢が連鎖しています。 いつか、穏やかに暮らせる日がくる...