地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2022年02月号 vol.8(2)

英国の「知的障害がある人々のコロナ死」報告書を読む

2022年01月30日 02:47 by spitzibara

 先月の2022年1月号をお休みしましたので、読者のみなさん、遅ればせながら、今年もよろしくお願いいたします。

 昨年3月号の記事「コロナ禍における「権利擁護・合理的配慮としての面会・付き添い」を考える」で、英国の知的障害者の権利擁護団体メンキャップの報告書「私の健康、私の命 パンデミックにおける知的障害のある人たちの医療への障壁」(2020年12月)を読み、概要を紹介しました。その報告書で言及されていたLeDeR(知的障害死亡調査)プログラムのこの報告書が気になりながら、なかなか手がついていなかったのですが、オミクロン株の拡大を機に読んでみることにしました。

 LeDeRとは、2015年に立ち上げられたプログラムです。医療への障壁解消に向けたメンキャップの粘り強いキャンペーンが2010年からの政府による調査につながり、知的障害のある人々への医療差別の実態が明らかになったことから、LeDeRが立ちあげられて、知的障害のある人々の死亡事例が毎年精査されて報告書に取りまとめられることになりました。周辺の詳細は2021年2月号の記事に。

 そのLeDeRが2020年11月に「知的障害がある人々のCOVID-19による死 Deaths of people with learning disabilities from COVID-19」というタイトルの報告書を出しています。日本ではパンデミックの中、知的障害のある人たちがどのような医療体験をしているかという問題には誰も関心を向けていないように見えるだけに、とても貴重な情報だろうと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

コロナ禍での面会制限再考 ~日本重症心身障害学会誌最新号と個人的な体験から~

2022年06月号 vol.8(6)

コロナ禍での医療における高齢者と障害者の権利擁護について、2つの資料を読んでみた

2022年05月号 vol.8(5)

英国の「知的障害看護師」について、調べてみた

2021年08月号 vol.7(8)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年06月号 vol.8(6)

会えるまでの遠い道のり 理解されるまでの遠い道のり 透明の板が高い壁となっ...

2022年05月号 vol.8(5)

いつからか 世間はもう ほろ苦い香りを忘れてしまった 苦さといえば たいて...

2022年04月号 vol.8(4)

カタルシス ―精神の浄化や排泄のこと。 無意識のうちに心に潜む 抑圧的な感...