地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2018年12月号 vol.4(12)

食事と健康 第5回「アルコール」

2018年11月28日 01:14 by kangosyoku_no_ebm
 私はお酒が好きです。
 
 詳しいわけではないのですが、やはりお店でお酒が運ばれてきた瞬間、家でお酒をコップに注ぐ瞬間の高揚感はなんともいえません。
 
 でもやっぱりお酒を飲むとおつまみが欲しくなったり、締めにご飯物が欲しくなったりしてついつい食べてしまうこともあります…。
 
 そして、アルコールそのものが1gあたり約7kcalのエネルギーになります。
 
 であるならば「アルコールは肥満に結びつく」と考えるのが自然であるようにも思います。
 
 しかし、そう単純な話でもないようです。
 
 さてアルコールは肥満とどのような関連性があるのでしょうか?
 
 
【目次】
・アルコールは肥満を増やす?
・アルコールは肥満を減らす?
・「『少量のアルコールは健康的』は嘘」は本当?
 
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

食べ物を悪者扱いするということ

2021年10月号 vol.7(10)

2型糖尿病予防のためにご飯を「冷やして食べる」は効果的か

2021年07月号 vol.7(7)

「超加工食品」とどのように付き合っていくべきか

2021年06月号 vol.7(6)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年12月号 vol.7(12)

希望ってなんだっけ この先にどんな未来が待ち受けているのか 森はつづくのか...

2021年10月号 vol.7(10)

ノセボがあるのは、 医療に不安や畏れがあるから。 プラセボがあるのは、 医...