地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2020年11月号 vol.6(11)

これってどうなの?〜感染管理の脇道〜 第7回「白衣」

2020年10月29日 10:15 by kangosyoku_no_ebm
 今回は「これってどうなの?〜感染管理の脇道〜」の第7回目となります。
 
 これは感染管理における、「これってどうなの?」というもの、特に教科書などであまり解説されないような”脇道のエビデンス”についてまとめていこうという連載になっております。
 
 どうぞお付き合いください。
 
 さて、これまでの6回の連載でも色々書いてきましたが、医療現場では様々な医療器具が用いられていて、そのどれもかなり汚染されていることが明らかになってきています。
 
 今回は医療従事者、特に医師や看護師の象徴的なアイテムである「白衣」に焦点を当ててみましょう。
 
 白衣の歴史を振り返ってみると、なんと元々は「白」ではなく、厳粛さ、フォーマルさを表すとされていた「黒」の衣服を医師は着ていたとされています[1]。
 
 また当時の医学は出来ることも決して多くなく、医師が関わるのは患者の最期の時が多かったことも、黒の衣服が着用されていた要因かもしれないと考えられているようです。
 
 しかし、実験する際に細菌などの汚染をへらす必要があるという考えが一般的になってきたこと、また医師も科学者であるという考えが広まってきたことなどもあり、徐々に、清潔さを感じさせる白色の白衣を着用することが定着していったとされています。
 
 そんな白衣について、何故たくさんの研究が行われているのかと言うと、白衣の汚染が生じることにより最終的に患者への感染に繋がる危険性があると考えられていることが大きな理由です。
 
 本稿では、 医療従事者の白衣に関する現在の指針や白衣汚染の現状、その対策などについてエビデンスをまとめていきたいと思います。
 
 
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

コロナ禍における介護施設の面会禁止再考:家族を「エッセンシャル・ケアラー」と捉える視点

2021年2月号 vol.7(2)

これってどうなの?〜感染管理の脇道〜 第6回「聴診器」

2020年06月号 vol.6(6)

新型コロナウイルス感染症に対するマスクの効果と、感染を拡大させないために今できること

2020年05月号 vol.6(5)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年2月号 vol.7(2)

新型コロナをきっかけに、 これまでの日常や価値観が大きく変わっています。 ...