地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2021年06月号 vol.7(6)

[新連載]「あはき」ってご存知ですか? あん摩マッサージ指圧、はり、きゅうについてのお話

2021年07月25日 17:30 by masayoshi

 読者のみなさま、はじめまして。私は「はり師」「きゅう師」の木津と申します。この度地域医療ジャーナルに鍼灸について執筆させていただくご縁をいただきました。

 私が地域医療ジャーナルを知ったのは3年前ですが、鍼灸の効果や良さを誤解なく広く知っていただきたいという想いを持って読者を続けてまいりました。ですので今回の連載企画はとっても貴重な機会で非常に嬉しい想いでいっぱいです。みなさまどうぞ末永くよろしくお願い申し上げます。

 早速ですが、みなさん「鍼灸」ってどんなイメージでしょうか?「痛い」「怖い」「うさんくさい」、残念ながらこのようなご意見を多くいただきます。

 確かにそのように感じられても仕方がないと私も思います。しかしながら実際のところは十分に我慢できる程度の軽微な刺激で、最近では世界で研究も進められていて少しづつエビデンスも積み上げられてきております。これからの連載ではみなさまに鍼灸を中心とした東洋医学の良さをエビデンスを絡めてご紹介しながら、地域医療の中での私どもの役割などを知っていただければと思います。そうすることでみなさまの地域医療における満足度が少しでも高まれば幸いです、

 記事は私が世話人を務めている「病鍼連携連絡協議会」のメンバーで連載して参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

※感染対策のため現在は手袋を使用して施術することが多くなっています

 連載第一回は世話人代表の長谷川尚哉さんです! (木津)

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「あはき」ってご存知ですか? 東北大学病院 総合地域医療教育支援部・漢方内科における鍼灸

2021年10月号 vol.7(10)

「あはき」ってご存知ですか? 昭和大学病院附属東病院 麻酔科ペインクリニックの鍼灸

2021年09月号 vol.7(9)

「あはき」ってご存知ですか? 鍼灸のエビデンス

2021年08月号 vol.7(8)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年10月号 vol.7(10)

ノセボがあるのは、 医療に不安や畏れがあるから。 プラセボがあるのは、 医...

2021年09月号 vol.7(9)

原点を見直そう。 そう思えたのは、 アツい連載記事の数々があったから。 今...

2021年08月号 vol.7(8)

地域医療ジャーナル創刊から6年。 医療介護現場には「深い谷間」が至るところ...