地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2022年06月号 vol.8(6)

ねこと学ぼう、おくすり情報 第6話「『他に飲んでいる薬はありません』 重複投与にご用心!」

2022年05月29日 04:05 by ph_minimal

はじめに

今回ご紹介するのは「うっかり似たような薬が重複して処方されてしまったケース」です。ところが、びっくりすることにこの原稿を書いている最中にも勤務先で同様のパターンに遭遇しました。マジでビックリしました。タイムリーすぎる!と…。

意外とよくあるピットフォールなのかもしれませんね。では、詳細は本編でお楽しみください。

ねこと学ぼう、おくすり情報 第6話「『他に飲んでいる薬はありません』 重複投与にご用心!」

みに丸「次の調剤はホネヤマさん(仮名)かぁ。いつも処方箋2枚組で薬の種類が多いから、ピッキングに時間がかかるけど、ぼくの高速ピックングであっというまに準備を…」

はかせ「おい、ちょっと待った。置き忘れているよ。今回は3枚目があるみたいだ。はいどうぞ」

※ピッキング:錠剤の棚や引き出しから、薬を処方箋のとおりに、必要な数量を集めること

ホネヤマさんの3枚目の処方箋

※リセドロン酸:1か月に1回服用で効果のある骨粗しょう症治療薬。

 

みに丸「おや…?リセドロン酸?ホネヤマさんって骨の薬なんて飲んでましたっけ?今回から追加になったんですかね」

はかせ「薬歴を見ると、リセドロン酸は今回が初めてのようだね。」

みに丸「そういえば、ホネヤマさんって整形外科のクリニックにもかかってませんでしたっけ?」

はかせ「お、いい着眼点だ。整形外科で似たような薬をもらっている可能性があるので要チェックだ」

みに丸「薬歴を見てみましょう」

※薬歴:薬局で管理しているお薬カルテのようなもの

はかせ「整形外科で痛み止めのシップをもらったことがあるようだね」

みに丸「お薬手帳にもシップ以外の薬が処方された形跡はないようです。3~4ヵ月おきにシップをもらってますね。一応、確認してきましょうか。ホネヤマさ~ん」

 

みに丸、待合室へ…。

 

みに丸「ボス、確認してきました。整形外科には通院しているけど、他に飲んでいる薬はないとのことでした」

はかせ「通院しているの?」

みに丸「毎月、かかっているそうです」

はかせ「シップをたまにもらうだけなのに、“毎月”通院しているの?」

みに丸「はぁ…」

はかせ「シップの処方がないときは何のために通院しているんだろう?」

みに丸「さぁ…」

はかせ「『他に飲んでいる薬はないか?』ってホネヤマさんに聞いたんだね?」

みに丸「はい。ボスはいったい何を気にしているんですか?」

はかせ「もちろん、リセドロン酸についてだよ。できればもう一つホネヤマさんに確認してきてほしいことがあるんだけど、何かわかる?」

みに丸「突然のクイズ方式!?」

はかせ「考えることに意義がある」

 

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ねこと学ぼう、おくすり情報 第5話「朝起きたら、口の中が苦い!」

2022年05月号 vol.8(5)

ねこと学ぼう、おくすり情報 第4話「インスリンを注射しているのに血糖値が下がらない!?」

2022年04月号 vol.8(4)

ねこと学ぼう、おくすり情報 第3話「尿酸の薬によって重篤な貧血!?」

2022年03月号 vol.8(3)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年05月号 vol.8(5)

いつからか 世間はもう ほろ苦い香りを忘れてしまった 苦さといえば たいて...

2022年04月号 vol.8(4)

カタルシス ―精神の浄化や排泄のこと。 無意識のうちに心に潜む 抑圧的な感...

2022年03月号 vol.8(3)

混沌とした世界。 悪夢が連鎖しています。 いつか、穏やかに暮らせる日がくる...