地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2022年11月号 vol.8(11)

2022年11月号の編集後記

2022年10月30日 18:36 by bycomet
2022年10月30日 18:36 by bycomet

 

企画特集「エビデンスと現実をつなぐ」

読者のみなさま、今月号も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

特集号、いかがだったでしょうか。

今回も楽しく編集作業させていただきました。興味深い視点をいただき、大きな収穫がありました。

気になった部分を切り取って集めてみます。詳しくは、本文をぜひご覧ください。

主張したいことに合致するようにエビデンスをこじつけることができてしまうので、それっぽいエビデンスを提示して、もっともらしい主張をすることは可能だということは頭の片隅に入れておくとよいでしょう。

現実とつながってこそ「エビデンス」が「エビデンス」たりえます。そのために欠かせないのが「合意形成」ですが、そこに到達するのは容易ではありません。その主たる要因の一つが、専門家と非専門家、医師と患者間の「情報の非対称」であることは否めません。

エビデンスと現実をつなぐには、情報と人を媒介する有機的なしくみが必要でしょう。そのしくみが人なのか、組織なのか、ツールなのか、システムなのか。まだよくわかりませんが、実証実験を繰り返しながら、解決策を探っていきたいと思います。

エビデンスと現実をつなぐために必要なことは、公共と生活に向き合うためのフレームワークである。

エビデンスと現場をつなぐことはとても困難だ。医療者も患者もともに大きな負担を強いられる。その負担をかけてでもつなぐ必要があるのかどうか、怪しいところがある。論文を読まずに診療することなどできない。それははっきりしているが、説明なしに診療するのは案外ありだと思う。

 

新型コロナ感染症の流行は、エビデンスそのものの意義が問い直される契機となったと、あらためて感じました。

医療の作法は大きく変化してきましたが、これを原動力に何かが生み出されるのではないか、という期待も感じられます。

これを礎に、ここで提示された視点を意識しながら、日々の診療にあたっていきたいと思います。

 

みなさまからいただく反響が、記者の原動力となります。
心動かされた記事には、ぜひ「いいね!」ボタンをお願いします。
また、記事下の「読者コメント」または「読者コミュニティ」からも、ぜひご意見・ご感想をお寄せください。

まだ読者登録されていない方は、こちらからどうぞ。

 

今回からアイキャッチ画像にイラストも採用しています。
写真よりやわらかい印象になりますね。
これからも活用していこうと思います。
(イラストの時代ですね。イラストACさん、ありがとうございます。)

 

新連載準備中

新連載「医療×web3」の準備も進めております。来月以降にもご期待ください。

また、医療とその周辺領域に焦点を当てて、医療の現状を紹介しています。
連載してほしい記者、記者候補者がおられましたら、編集部までご連絡ください。
内部規定に従い、記者選定・依頼を行います。

「問い合わせフォーム」または、小さな医療 準備室 Discord内「地域医療ジャーナル編集室」にてお願いします。

 

音声コンテンツ配信中

小さな医療アカデミーでは、音声で学ぶシリーズ「ほんの一章」を配信中です。
一冊の本をテーマに、著者が語りかける音声コンテンツです。 

このたび、新シリーズ「ステップアップEBM実践ワークブック」を開講しました。

2009年に出版された『ステップアップEBM実践ワークブック―10級から始めて師範代をめざす』(名郷直樹著、南江堂)はEBM実践の必読書として、多くの人に読まれてきた一冊。

10回シリーズです。基本に立ち返り、EBMを実践してみませんか。
本をお手もとに、お聴きください。

 

現在、『医療情報を見る、医療情報から見る』も配信中です。

2020年に出版された『医療情報を見る、医療情報から見る エビデンスと向き合うための10のスキル』(青島周一著、金芳堂)のエッセンスとなる、医療情報を読み解き活用する10のスキルをご紹介します。

 

小さな医療アカデミーはこちらのメンバー限定コンテンツとなっております。(一部コンテンツ単体販売あり) 

https://smaller.jp/

地域医療ジャーナルは2021年8月号 vol.7(8)から記事掲載を行っており、小さな医療・読者会員でも閲覧可能です。

コミュニティ機能としてDiscordを運用中です。
「地域医療ジャーナル編集室」も開設しています。
こちらのリンクから、ぜひご参加ください!

小さな医療 準備室 - Discord
招待リンク https://discord.gg/hqhYRV3PJm

 

それでは、今月はこのあたりで。
また来月、お会いしましょう。

関連記事

2022年12月号の編集後記

2022年12月号 vol.8(12)

2022年10月号の編集後記

2022年10月号 vol.8(10)

2022年9月号の編集後記

2022年09月号 vol.8(9)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年10月号 vol.8(10)

答えは見つからない。 だからこそ、 答えのない疑問に立ち向かおうとする。 もっ…