地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2021年08月号 vol.7(8)

[新連載] 医学と文学

2021年07月27日 05:52 by shimohara-yasuko

自己紹介と「医学と文学」について

はじめまして。下原康子と申します。当年取って75歳。1966年に図書館短期大学を卒業して司書になりました。文系大学図書館、政策金融機関資料室を経て、1974年~2014年は、医学図書館、病院図書室、患者図書室で働きました。

このたびの「地域医療ジャーナル」連載は思いもよらないことでした。医学図書館員歴が長いとはいえ、リタイアして7年も経ちます。今の私には専門性のあるテーマで何か書くことはできません。編集長に「“医学と文学”みたいなものなら・・・」とつぶやいたら、快く受け入れてくださいました。挑戦する勇気がわきました。

根っから文系の私が医学の分野で関心を持ったテーマが二つあります。一つは「脳と心」、もう一つは「医者と患者」です。「脳と心」は、“ドストエフスキーのてんかん”というテーマにつながりました。(作家その人と作品の重要人物の数人はてんかんです)。また医学読み物の中に文学に通底する様々なテーマを発見するようになりました。「医者と患者」への関心は、私や家族の病気と入院、そして「患者図書室」での体験が大きく影響しています。

連載の内容は文学作品や医学読み物の紹介が主になりますが、私自身の患者体験や患者図書室でのエピソードなども織り込んでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

がんと闘った誇り高きアマゾネス① 千葉敦子

2022年07月号 vol.8(7)

医者が心をひらくとき(3)特別な患者

2022年06月号 vol.8(6)

医者が心をひらくとき ー医師にも彼らの物語があるー (2)

2022年05月号 vol.8(5)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年07月号 vol.8(7)

やがて雨は上がって 虹がかかり 空は晴れ渡るのだろう 想定外の早い梅雨明け...

2022年06月号 vol.8(6)

会えるまでの遠い道のり 理解されるまでの遠い道のり 透明の板が高い壁となっ...

2022年05月号 vol.8(5)

いつからか 世間はもう ほろ苦い香りを忘れてしまった 苦さといえば たいて...