地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2016年03月号 vol.2(3)

「あがり症」って薬で治るんですか?

2016年02月20日 11:26 by 89089314
 社交不安障害という病気をご存知でしょうか。Social Anxiety Disorderから、SADとも、社会不安障害とか社交不安症とも呼ばれます。Social Phobia(社交恐怖)とも呼ばれることもあります。
 人間は社会で行きていく生き物ですから、社会つまり誰かと関わる場面なしに生きていくことはできません。しかし、そのように誰かと関わる場面、特に初対面の人や重要な人物と話をする時や多くの人の注目を集める時には多くの人が不安感や緊張感を感じることでしょう。

 いわゆる、「あがる」という体験です。

 そのような場面で、例えば、他人からバカにされないだろうかとか、場に合っていないんじゃないかとか、誰かに辱められることに対して非常に強い不安を感じるために、社交状況を避けたり無理に耐えたりすることによって、耐えがたい苦痛(比較的多くみられるものは動悸、腹痛、発汗、パニック発作など)や重大な生活への支障をきたすもので、それを精神障害と捉えたものが社交不安障害です。
 そんなただの「あがり症」と言ってしまいそうなものを、わざわざ疾患と捉えて薬で治すことができるんでしょうか? 今回はそれについて取り上げてみたいと思います。
 
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ADHDは薬で治療すると良くなるのですか?

2017年08月号 vol.3(8)

プラセボ効果というのはいわゆる「気のせい」なのでしょうか?

2015年12月号 vol.1(10)

チェックリストでうつ病と診断してとりあえず薬を飲ませてみてもほとんど良くならないのはなぜか

2015年05月号 vol.1(3)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年05月号 vol.7(5)

情報は膨大になり、 情報は拡散し、 情報は氾濫し、 情報はひとり歩きして、...

2021年04月号 vol.7(4)

新型コロナウイルス感染症の終息がみられません。 生活に落ち着きを取り戻せる...

2021年03月号 vol.7(3)

感染拡大防止と社会経済活動の両立。 コロナ禍ではよく耳にする言葉です。 ト...