地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2019年12月号 vol.5(12)

“キノコは美容と健康に良い” は本当?

2019年11月26日 12:32 by syuichiao

 キノコは独特の風味と歯ごたえをもち、炒めものやパスタソースなど洋食・和食を問わず、料理には欠かせない食材の一つでしょう。

 自然界には2,000種以上のキノコが存在するといわれており、世界的には、このうち約25種が頻繁に食材として用いられているそうです(国によって食されているキノコの種類は変わるため諸説あるようです)【1】。マッシュルーム、シイタケ、ヒラタケ、エノキタケなどは人為的に栽培がおこなわれていますが、世界的には中国での生産が最も多く、次いで米国となっています。その生産量は1970年から2011年にかけて100万トンから770万トンまで増加し、1980年の生産量と比較すると2011年では実に5倍の増加です【2】【図1】。

【図1】キノコの生産量(参考文献2より筆者作成)

 代表的な食用キノコの栄養成分について【表1】にまとめます。脂肪分が少なく、他の野菜類と比較してタンパク質の含有が多い印象です。菜食主義の方にとっては貴重なタンパク源となる食材でしょう。

【表1】食用キノコの栄養成分(参考文献1より筆者作成)

 キノコにはビタミン(特にビタミンD)やミネラルだけでなく、様々な生理活性物質が含まれており、健康や美容に良い食材だと考えられています。特に、免疫調整作用を有する多糖類のβグルカンや、降圧作用やコレステロール低下作用を有するエリタデニンなどの成分が注目を集めているようです。そのため、キノコは高血圧や、脂質異常症などの慢性疾患予後の改善、便秘の解消、肥満予防に効果的であるといわれることも少なくありません【3】【4】。とはいえ、実際のところはどうなのでしょうか。今回はキノコを食べることで、本当に健康になれるか? という疑問について、疫学的な研究データをもとに考察をしてみます。


【参考文献】
【1】Int J Microbiol. 2015;2015:376387. PMID: 25685150
【2】J Nutr. 2014 Jul;144(7):1128S-36S. PMID: 24812070
【3】Molecules. 2018 Nov 5;23(11). pii: E2880. PMID: 30400600
【4】Int J Med Mushrooms. 2012;14(2):95-134. PMID: 22506573

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

食品の購入はどのくらい買い物客の栄養素摂取量に反映されているのか

2022年01月号 vol.8(1)

食べ物を悪者扱いするということ

2021年10月号 vol.7(10)

2型糖尿病予防のためにご飯を「冷やして食べる」は効果的か

2021年07月号 vol.7(7)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年05月号 vol.8(5)

いつからか 世間はもう ほろ苦い香りを忘れてしまった 苦さといえば たいて...

2022年04月号 vol.8(4)

カタルシス ―精神の浄化や排泄のこと。 無意識のうちに心に潜む 抑圧的な感...

2022年03月号 vol.8(3)

混沌とした世界。 悪夢が連鎖しています。 いつか、穏やかに暮らせる日がくる...