地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2020年07月号 vol.6(7)

[報告] 死は終わりではなく、単なる句読点

2020年06月29日 16:35 by hatabo

5月30日。
「どうせ死ぬんだから」というトークイベントを拝聴した。医師とケアラーによるトークだというのに、なんとエキセントリックなタイトルなんでしょう。

これが最初の印象。

一方、ご出演される方々がとても魅力的。
本来なら広島で開催されるはずだったイベントを秋田の自宅で拝聴できるなんて、コロナがもたらした新しい生活様式に感謝したい。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

[報告] 「どうせ死ぬんだから」~治療の無益性にまつわる3つの情景~

2020年07月号 vol.6(7)

[寄稿] 「どうせ死ぬんだから」参加者からのコメント

2020年07月号 vol.6(7)

[報告] 秋大医学部仙北とつながり隊CAFE参加レポート

2019年12月号 vol.5(12)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年05月号 vol.8(5)

いつからか 世間はもう ほろ苦い香りを忘れてしまった 苦さといえば たいて...

2022年04月号 vol.8(4)

カタルシス ―精神の浄化や排泄のこと。 無意識のうちに心に潜む 抑圧的な感...

2022年03月号 vol.8(3)

混沌とした世界。 悪夢が連鎖しています。 いつか、穏やかに暮らせる日がくる...