地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2022年10月号 vol.8(10)

世界の安楽死と医師幇助自殺の潮流 11

2022年09月30日 04:27 by spitzibara
2022年09月30日 04:27 by spitzibara

 読者のみなさん、お久しぶりです。Spitzibaraです。

 フランスの映画監督のジャン=リュック・ゴダールさんが9月13日に、亡くなりましたね。91歳。スイスの自宅で自殺幇助機関の支援を受けて自宅で亡くなったそうです1)。

 フランスといえば、4月ごろに、かの二枚目俳優アラン・ドロンが自殺幇助で死ぬことを決めた、というニュースがやたらと流れていました。今にも実行されるかのような勢いの報道だったのですが、その割には実際に亡くなったという話はその後ちっとも出てこないなと思って検索してみたら、どうやらガセだった模様。出版物の中で仮定の話として書かれていた個所を誰かがフェイク・ニュースに仕立てて流したと、家族が立腹しておられました2)。

 しかし、そんなフェイク・ニュースが流れるのも、フランス国内の空気を象徴しているのかもしれません。マクロン大統領は9月13日、来年の法改正に向けて、市民と医療職との委員会を作り、議会での審議と並行して医師幇助自殺の合法化を検討すると声明を出したとのこと3)。フランスでは2016年に終末期の持続的な深い鎮静が認められたものの、安楽死は認められていません。

 世界の安楽死の動向については、今年4月号のシリーズ97月号のシリーズ10で書いていますが、その後もいろいろ起こっているので、それらについて、まず簡単に。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

安楽死の議論における「当事者」としての家族

2022年12月号 vol.8(12)

世界の安楽死と医師幇助自殺の潮流 10:カナダの安楽死は「医療的臨死介助」ならぬ「政治的臨死介助」? ――Political Assistance in Dying

2022年07月号 vol.8(7)

安楽死と家族 1

2022年04月号 vol.8(4)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年11月号 vol.8(11)

新型コロナウイルス感染症の流行とともに、 専門家の発信する医療情報の質について…