地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2019年10月号 vol.5(10)

企画特集 (他の号の記事)

あちら側へ思いを馳せる

川の流れのように若かりし頃に読んだ本を再読してみると、まったく違った印象だったり、新しい気づきや教訓を受けとったりすることがあります。先日、学生時代に読んだヘルマン・ヘッセの小説…

  いいね!   bycomet bycomet from 2016年10月号 vol.2(10)

読者投稿、締切迫る!

読者投稿募集中!秋の特別企画「医療は人を癒せるのか?」(2016年10月発行予定)の読者投稿を募集中です。どしどしご応募ください。募集要件は以下のとおりです。 * 資格:地域医…

  いいね!   bycomet bycomet from 2016年07月号 臨時増刊 vol.2(supplement 1)

10年後の医療、100年後の医療

0.はじめに今回のテーマ、「10年後の医療、100年後の医療」というテーマを聞いてまず思ったのは、100年後は自分死んでるよな〜ということでした。10年後は、まあ・・・生きてます…

  いいね!   tyabu7973 tyabu7973 from 2016年01月号 vol.2(1)

10年後、100年後、医療とどう向き合うのか

10年後、そして100年後の医療。これはまた難しいテーマだ。それはあまり将来を見据えて行動したことがない、僕自身の性格によるのかもしれない。明日のことさえ分からない中で、どうすれ…

  いいね!   syuichiao syuichiao from 2016年01月号 vol.2(1)

障害者家族として10年後の医療に望むこと~LIFEを支える「脇役」としての医療~

娘を通じて医療と密接に付き合いながら、医療職との間で様々なギャップを感じてきました。その中で最も大きなものは、医療と生活の関係性をめぐるギャップです。ここでいう「生活」というのは…

  いいね!   spitzibara spitzibara from 2016年01月号 vol.2(1)

トランスヒューマニズムと米NBICレポート(2002)から100年後の医療を展望してみる

読者の皆さんは「トランスヒューマニズム」という思想(?)をご存知でしょうか。私は2007年の"アシュリー療法”論争(「地域医療ジャーナル」8月号を参照)の際に、擁護の立場でメディ…

  いいね!   spitzibara spitzibara from 2016年01月号 vol.2(1)

2026年、医療の魔法が解ける?

新年あけましておめでとうございます。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。さて、正月早々、2016年のことではなく、10年後の2026年、さらには100年後の2116年のことを考え…

  いいね!   bycomet bycomet from 2016年01月号 vol.2(1)

バックナンバー(もっと見る)

2022年08月号 vol.8(8)

物事には余白が大事。 荷物をめいっぱいに詰め込み、 あふれてしまっています。 …

2022年07月号 vol.8(7)

やがて雨は上がって 虹がかかり 空は晴れ渡るのだろう 想定外の早い梅雨明け そ…

2022年06月号 vol.8(6)

会えるまでの遠い道のり 理解されるまでの遠い道のり 透明の板が高い壁となって …