地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2018年07月号 vol.4(7)

日本集中治療医学会による蘇生不要指示の実態調査結果を読む

2018年07月05日 21:06 by spitzibara

 2017年1月号の記事「『無益な治療』論とDNAR指示」で、16年12月に出された日本集中治療医学会の「DNAR指示のあり方についての勧告」について紹介しました。

 DNAR(蘇生不要)指示が恣意的に拡大解釈され、「DNAR指示のもとに基本を無視した安易な終末期医療が実践されている、あるいは救命の努力が放棄されて」いる実態を指摘し、「DNAR指示は心停止時のみに有効である。心肺蘇生不開始以外は集中治療室入室を含めて通常の医療・看護については別に議論すべきである」など、改善に向けて7点が勧告されました。日本集中治療医学会倫理委員会は、この勧告に先立ち、学会内の評議員と医師会員、看護師会員に対して、DNR(DNAR)指示に関する現状・意識調査を行っています。上記の勧告と前後して学会誌に掲載され、ネットでも公開されているので、それら2本の調査報告を読んでみました。

http://www.jsicm.org/pdf/DNAR20161216_kangae_05.pdf

http://www.jsicm.org/pdf/DNAR20161216_kangae_10.pdf

 いずれの調査も、インターネットのアンケートサービス会社のサイトを利用し、日本集中治療医学会のメーリングリストを使い、無記名での回答としたもの。回答期間は2016年10月13日から同27日までの15日間。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年09月号 vol.4(9)

治療が有効かどうかを判断することは いつもむずかしい それと同じように 治...

2018年08月号 vol.4(8)

客観的に書こうとすればするほど 何が客観的なのかわからなくなる どこまでが...

2018年06月号 vol.4(6)

あなたはいつも、どちらかを選んでいます。 どちらを選ぶのか、決めるのはエビ...