地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2018年07月号 vol.4(7)

看護の視点

麻痺側で血圧測定をしてはいけないのか?

「麻痺のある腕では処置をしてはいけません」  学生時代、教員や実習指導者から何度もそのような指導を受けました。 学生の頃の私は、「なるほど確かにそうなんだろうな」と特に疑いも...

  いいね!   kangosyoku_no_ebm kangosyoku_no_ebm

他の号の記事

尿道カテーテル留置患者における尿路感染症を看護介入でどう防ぐか

尿道カテーテル、膀胱留置カテーテル、バルンカテーテルなどなど…色々な呼び方をしますが単に「バルン」と呼ぶことが多いように思います。  手術を受けたことがある方はもしかしたら実...

  いいね!   kangosyoku_no_ebm kangosyoku_no_ebm from 2018年09月号 vol.4(9)

低血圧患者に対する下肢挙上の是非

「◯◯さんの血圧が低いんです」  「そうだね…。とりあえず下肢挙上しておこうか」  こうしたことが看護の現場では日常的に行われていますし、とても教科書的な対応でもあります。 ...

  いいね!   kangosyoku_no_ebm kangosyoku_no_ebm from 2018年08月号 vol.4(8)

「クーリングにはエビデンスがない」のか?

「クーリングにはエビデンスがない」 そんな言説を看護の現場ではしばしば耳にします。 単に「クーリング」という場合、「氷枕などで冷やす行為」のことを指すことが多いです。 発熱を...

  いいね!   kangosyoku_no_ebm kangosyoku_no_ebm from 2018年05月号 vol.4(5)

末梢静脈カテーテルは72〜96時間以内に入れ替えた方が本当に良いのか?

読者の皆様は「末梢静脈カテーテル」というものをご存知でしょうか?  これは入院患者さんが点滴をする時などに使うもので、種類もたくさんあるのですが、今回は特に、いわゆるサーフロ...

  いいね!   kangosyoku_no_ebm kangosyoku_no_ebm from 2018年02月号 vol.4(2)

「体位変換」とそこから見える看護師のエビデンスとの関係性

読者の皆様は「体位変換」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?  これはその名の通り、体の向きなどを変えることで、広義には排痰ケアとしての体位ドレナージや安楽の確保なども含...

  いいね!   kangosyoku_no_ebm kangosyoku_no_ebm from 2018年01月号 vol.4(1)

バックナンバー(もっと見る)

2018年11月号 vol.4(11)

きっといつか変わる。 変化の兆しは、もう感じられる。 ふうっと吹いた小さな...

2018年10月号 vol.4(10)

今回は特集「医療倫理とその教育」を企画いたしました。 6人の連載記者がそれ...