地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2018年07月号 vol.4(7)

麻痺側で血圧測定をしてはいけないのか?

2018年06月11日 16:55 by kangosyoku_no_ebm
 
 「麻痺のある腕では処置をしてはいけません」
 
 学生時代、教員や実習指導者から何度もそのような指導を受けました。
 学生の頃の私は、「なるほど確かにそうなんだろうな」と特に疑いもせずに、当たり前のものとして受け入れていましたし、実際、教科書にもそのようなことが記載されていたので、おそらく麻痺のある腕(以下、本稿では「麻痺側」)では処置をしないという看護師が多いのではないでしょうか。
 
 しかし、実際に働いていると、麻痺側で処置をしているケースもしばしば見かけます。
 
 結局、麻痺側でも処置をしても良いのでしょうか?
 
 それともやはり、麻痺側では処置をすべきではないのでしょうか?
 
 今回はバイタルサイン測定(特に血圧測定)に焦点を当ててみたいと思います。
 
 
【目次】
・「麻痺側で血圧を測るべきではない」とする理由は?
・麻痺側での血圧測定の有用性
・結局「麻痺側で測定しても良い」のか?
 
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尿道カテーテル留置患者における尿路感染症を看護介入でどう防ぐか

2018年09月号 vol.4(9)

低血圧患者に対する下肢挙上の是非

2018年08月号 vol.4(8)

「クーリングにはエビデンスがない」のか?

2018年05月号 vol.4(5)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年11月号 vol.4(11)

きっといつか変わる。 変化の兆しは、もう感じられる。 ふうっと吹いた小さな...

2018年10月号 vol.4(10)

今回は特集「医療倫理とその教育」を企画いたしました。 6人の連載記者がそれ...