地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2018年07月号 vol.4(7)

[報告] ラストソング~医療と音楽の出会い~

2018年06月24日 16:27 by bycomet

 先月号までに下記のほうに告知させていただきました、初の主催イベントが開催されました。

[告知] 初めてのトークイベント開催!

[報告] 地域医療編集室 始動しました

 今回初めての試みとして、現在活動中のオンラインサロン「地域医療編集室」イベント企画チームのメンバーで、当日イベントでもお手伝いいただきました、大山和依さんにご報告いただきました。(すでにnoteで公開されているレポートにさらに加筆されたものです。)

トークライブ「ラストソング ~医療と音楽の出会い~」
(講演者:音楽療法士 佐藤由美子さん、2018年6月10日開催)

 

ラストソング~医療と音楽の出会い~

 

 6月初旬、降りしきる雨の中、私はこのイベントのために北海道から訪れました。

 ここは東京都千代田区神保町にある、「神保町ブックセンター」。ブックカフェとして2018年にオープンしたばかりの新店舗です。内装はシンプルな洋風仕立てとなっており、オシャレで非日常的な空間を楽しむことができます。四六判コーヒーとチョコレートパフェを堪能しながら、スタッフ集合時間を待ちます。SNS上ではたくさんの意見を交わし合う中ですが、会うのは今日が初めて。不安を抱えつつも、顔を合わせると、そこには優しそうな面持ちの方々が待っていました。

 

イベント企画チーム、開場準備から

 打ち合わせと会場準備を終え、チケット配布役に徹しきる私。会場には多くの方々が集まっており、全体的に女性が多い印象を受けつつも、幅広い年齢層の方が訪れていました。イベント開始時刻となり、「地域医療編集室」を主宰する福士さんよりはじめの挨拶がありました。記念すべき初イベントということもあり、福士さんの話し振りにも緊張の色が・・・。しかし私も同じ気持ち。緊張、というよりはワクワク感でしょうか。これから始まるであろう素晴らしい出来事に高揚感を覚えるばかりでした。

 

音楽療法とは? 

 ついに佐藤さんのトークライブの幕開け。そもそも佐藤さんが生業としている「音楽療法」とは? というところからお話しいただけました。音楽療法の起源や日本における現状などを学ぶことができました。特に、日本における音楽療法の普及は進んでいるとは言えず、啓発活動が大きな課題になるようです。佐藤先生が米国より帰国し、音楽療法の講演を始めようとした際には、30件以上の業者に問い合わせて帰ってきた返信が「結構です。」の1件だけだったというのです・・・。不遇の時代を味わってきた方々からすれば、音楽療法のセミナーにたくさんの人が関心を寄せるようになったことは感慨深いのかもしれません。より多くの人々に音楽療法が届くように、私たちも正しく音楽療法を理解していかなければなりませんね。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

[報告] 地域医療編集室 始動しました

2018年06月号 vol.4(6)

報告:ケアラー支援講演会(広島)

2018年03月号 vol.4(3)

報告:『みんなで愉しくEBM!エビデンスを探して読んで行動しよう!!』ワークショップ

2017年07月号 vol.3(7)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年11月号 vol.4(11)

きっといつか変わる。 変化の兆しは、もう感じられる。 ふうっと吹いた小さな...

2018年10月号 vol.4(10)

今回は特集「医療倫理とその教育」を企画いたしました。 6人の連載記者がそれ...