地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2019年07月号 vol.5(7)

前立腺肥大の薬は、夏になっても飲み続けた方がいいですか?

2019年06月22日 13:04 by hatabo

わたしの暮らす東北地方は四季がはっきりしており、折々の美しい風景を楽しむことができるのですが、そこには気温差が伴うため、季節の変わり目になると様々な不調を訴える方が増える印象があります。わたし自身もその一人です。それでも寒くて長い冬が終わり、駆け足で桜の季節が過ぎると新緑の季節を迎え、心身ともに過ごしやすい季節に入ります。わたしが勤める薬局は中山間地にありますので、農業に従事する患者さんが多く、忙しい忙しいと言いながらも皆さん生き生きしておられるように見うけられます。

わたしの薬局は泌尿器科の処方が多いのですが、前立腺肥大症の薬物治療を受けている方の中には、「暖かくなって調子が良くなった(もしくは薬を飲んでも前とかわりない)けど、この薬はずっと飲むの?」という質問を下さる方がいます。また、治療自体をドロップアウトしてしまう方もいます。こうした現象は、治療を提供する側にとってのアウトカムと患者さん側にとってのアウトカムの解釈にずれがあるときに起こるように思いますね。前立腺肥大症治療薬を飲んで効くということはどういうことなのでしょうか?

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

日本食が健康に良いというのは本当?-食事と食文化とイメージのギャップ-

2022年07月号 vol.8(7)

暮らし全体から排泄ケアを考える

2021年12月号 vol.7(12)

咳止め薬とプラセボ効果

2021年10月号 vol.7(10)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年07月号 vol.8(7)

やがて雨は上がって 虹がかかり 空は晴れ渡るのだろう 想定外の早い梅雨明け...

2022年06月号 vol.8(6)

会えるまでの遠い道のり 理解されるまでの遠い道のり 透明の板が高い壁となっ...

2022年05月号 vol.8(5)

いつからか 世間はもう ほろ苦い香りを忘れてしまった 苦さといえば たいて...