地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2019年09月号 vol.5(9)

デンマークのケアラー憲章 ~ケアラーが良い生活を送るための10の条件~

2019年08月20日 17:39 by spitzibara

 のっけから宣伝となって恐縮ですが、8月20日に新著『殺す親 殺させられる親 ~重い障害のある人の親の立場で考える尊厳死・意思決定・地域移行』(生活書院)を上梓いたしました。

 とりわけ第3部「『無益な治療』論を考える」は、こちらCMJで「無益な治療」論について何度も書かせてもらいながら、考えを深め整理して書くことができたものです。その他、やはりこちらで書いてきたテーマである安楽死・尊厳死、脱施設論をめぐる対立、ケアラー支援や親の高齢化についても、書きこんでみました。

 お手に取っていただければ、またお近くの図書館にリクエストしていただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

 この本の第4部は「親であることを考える」。その第4章「『親を「ケアラー」として支援する』という視点」の最後に、付録として日本ケアラー連盟が仮訳した「デンマークのケアラー憲章」を全文掲載しました。私の知る限り、全文掲載は本邦初ではないかと思います。 そこで今月は、このデンマークのケアラー憲章をご紹介することにしました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「あなた自身は、眠れていますか」という眼差し ~家族介護者の立場から専門職にお願いしたいこと~

2020年12月号 vol.6(12)

コロナ禍で疲弊するケアラーの姿が焙り出す、家族依存の障害者福祉の矛盾

2020年06月号 vol.6(6)

迫りくる危機~知的and/or発達障害者の家族ケアラーの高齢化

2020年04月号 vol.6(4)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年12月号 vol.6(12)

新型コロナウイルス感染症は、未だおさまる兆しがみられません。 目の前の現実...

2020年11月号 vol.6(11)

あちら側とこちら側に境界線をひく これが専門家のひとつの役割であり 専門家...

2020年10月号 vol.6(10)

効果があるはずの期待の新薬が、 いつの間にか消えていくことがあります。 コ...