地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2020年09月号 vol.6(9)

情報の見え方を考えて自分で作る!インフォグラフィックのコツ【第3回】

2020年08月20日 23:38 by noriyoshi_kawana

こんにちは。デザイナーの川名です。医療分野を専門に扱っていて医薬品、医学書、医療施設、官公庁や教育機関などの仕事をしています。医療に関わる情報が的確・正確に伝わることに、グラフィックやウェブのデザインを通して携わっています。

情報の視覚化はステップバイステップで

梅雨が開けたと思ったら、すっかり真夏ですね。いや、これは真夏というより酷暑でしょうか。私が子供の頃には体験したことない暑さですので、くれぐれも体調管理に気をつけて、このしょうもない連載も涼しい部屋で、寝転んでご覧ください。

ところで、この文章を入力しているまさに今、我が家のベランダに、ハトがやってきております。春を過ぎると、だいたい番(つがい)でやってきますね。

ホーッホ―ッとか言ってます。おそらく新居を物色にきた新婚さんなのでしょう。

「あら、この家なんかいいんじゃない?」
「ふむ。君と僕の新しい愛の巣としては、この室外機の裏なんて悪くないなあ」
なんて話してるんでしょうか。

ハトにはハトの事情があると思いますが、フン害に遭うこちらはいい迷惑です。ベランダに出て「シッシッ!」とやっておきましたよ。

 

ところで私が見た「ハトが二羽」は、どのように伝えることができると思いますか。私がテキストとして表した「ハトが二羽」は、皆さんに適切に理解していただけたでしょうか。

「ハトが二羽」にも視覚的な表現を盛り込んだら様々な段階があり、「情報の視覚化」として考えることができます。 それは発信者が「何を伝えたいのか」によって使い分けられます。

狭いスペースに、ただ文字で表現すればよいのか。大きなスペースにリアルなハトの写真を載せ、アイキャッチとしての強さを盛り込むことで、目立たせたいのか。

よりテキストや記号に近づけるのか、グラフィカルな表現や、いっそ写真にするのか。情報の精度はテキストとグラフィックの間で、揺れ動くのです。

ハトが二羽いる。

ただそれだけのことでも、見せ方は無限に異なって、さらに見た人が受け取る情報も、無限に変わってくるかもしれません。

Aで表された「ハトが二羽いる」は、ふぅんとしか思わないかもしれませんが、Dの写真を見ると「オスとメスで毛づくろいしているのかな?仲良さそうだな」と思う人もいるかもしれません。さらにBのピクトグラムだと機能的な印象を受けるかもしれません。あるいは、Cのイラストはフン害のイメージから程遠く、「ハトってかわいい」とちょっと親近感を抱く人もいるかもしれませんね。

A、B、C、Dそれぞれ受け手にとっての印象は変わってきます。ハトをAという印象で見た人は、ベランダからハトを追い出すのを躊躇わないかもしれませんが、ハトをDという印象で受け取った人は「なんだか微笑ましい」と感じて、ベランダから追い出すのを躊躇ってしまうかもしれません。

そこに「たった一つの客観的事実」があるのか、ちょっとわからなくなりますね。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

情報の見え方を考えて自分で作る!インフォグラフィックのコツ【第7回】

2021年01月号 vol.7(1)

情報の見え方を考えて自分で作る!インフォグラフィックのコツ【第6回】

2020年12月号 vol.6(12)

情報の見え方を考えて自分で作る!インフォグラフィックのコツ【第5回】

2020年11月号 vol.6(11)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年07月号 vol.8(7)

やがて雨は上がって 虹がかかり 空は晴れ渡るのだろう 想定外の早い梅雨明け...

2022年06月号 vol.8(6)

会えるまでの遠い道のり 理解されるまでの遠い道のり 透明の板が高い壁となっ...

2022年05月号 vol.8(5)

いつからか 世間はもう ほろ苦い香りを忘れてしまった 苦さといえば たいて...