地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2020年09月号 vol.6(9)

カルシウムサプリメントを摂ると骨折を予防できますか?

2020年08月17日 02:12 by hatabo

9月号です、とはいいながらまだまだ暑い時期に記事を書いています。
「水分を摂っていますか?」「水分を多めに摂ってくださいね」という声かけ行う場面も多いです。なんとなく皆さんに行うのではなく、ご高齢の方、脱水や尿路感染、処方薬の副作用などのリスクがあり必要性が高い人に具体的に説明する場面が多かった気がします。

先日、「カルシウムの数値が高くなって」という方とお話をしました。骨粗しょう症治療薬のエルデカルシトールカプセルと、尋常性乾癬の治療薬であるカルシポトリオール・ベタメタゾン配合剤(医薬品名:ドボベット軟膏)を長い期間処方されている患者さんです。どちらの薬剤にも活性型ビタミンDが含まれ、小腸からのカルシウムの吸収を促進させて、骨量の減少を抑える役割があります。同じような役割の薬剤を長期にわたって併用したら、作用が強くでて、カルシウムの濃度が高くなってしまうことは想像できると思いますが、この方の場合はさらに、骨粗しょう症と診断されたことがきっかけでカルシウムのサプリメントを服用していました。

脱水症状があると血液中のカルシウム値は高くなりやすいのですが、水分は充分に摂っているそうです。となると、カルシウムサプリメントが余計なのかもしれません。

ですが、骨粗しょう症と診断されたからカルシウムを積極的に摂ろうと自分なりに考える気持ち、よくわかります。どのぐらいの量を摂取すると骨折を予防できるのか、安全性はどうなのか、確認してみようと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

小児の夜尿症はデスモプレシンで治るのか?

2020年08月号 vol.6(8)

アフターコロナと健康ディストピア社会

2020年06月号 vol.6(6)

片頭痛は市販薬で抑えることができますか?

2020年06月号 vol.6(6)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年08月号 vol.6(8)

全国各地で豪雨による被害が多発しています。 被災された方々に、心よりお見舞...

2020年07月号 vol.6(7)

誰にもいつか訪れる時間。 それは遠い未来かもしれないし、近い未来かもしれな...

2020年06月号 vol.6(6)

なくなって困るものもある。 なくなっても困らないこともある。 「医療に依存...