地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2017年11月号 vol.3(11)

不眠症薬物療法 UP TO DATE

2017年10月19日 11:03 by 89089314

 随分涼しくなってきて、眠るには良い季節になってきましたね。よく晴れた午後にお昼寝するのはとても気分が良いものです。とはいえ、あんまり昼寝しすぎると今度は夜が眠れなくなりますけども……

 皆さんは眠れない時ってどのようにしていますか?

 寝るのにあまり苦労したこと無いという人もいるでしょうけど、寝るために色々な方法を試している人もいるでしょう。古典的な例では羊を数えるとか(笑)あるいはただ寝付くまでひたすらゴロゴロしている人もいるかもしれませんし、一旦寝るのを諦めて他のことをする人もいるかもしれませんし、お酒を飲むって人もいるでしょうね。そして睡眠薬を使うという人もいるかと思います。病院や薬局など医療の現場で仕事をしていると、睡眠薬を使って寝るという人に出会うのは日常茶飯事のことだと思います。

 今回は、そんな睡眠薬にまつわるエビデンスについて、最新の論文を参照しながら不眠症の薬物療法について改めて考えてみましょう。ここでは、睡眠の導入が目的であろうが補助的な薬剤であろうがとにかく睡眠状態の改善のために用いられる薬物を全て睡眠薬とひっくるめて話を進めていきます。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ストレスが心臓に悪いというのは本当ですか?

2018年11月号 vol.4(11)

高齢者に対する抗精神病薬〜その効果と懸念はどれくらい?〜

2018年08月号 vol.4(8)

睡眠薬や抗不安薬を減らすことができる薬はありますか?

2018年06月号 vol.4(6)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年10月号 vol.7(10)

ノセボがあるのは、 医療に不安や畏れがあるから。 プラセボがあるのは、 医...

2021年09月号 vol.7(9)

原点を見直そう。 そう思えたのは、 アツい連載記事の数々があったから。 今...

2021年08月号 vol.7(8)

地域医療ジャーナル創刊から6年。 医療介護現場には「深い谷間」が至るところ...