地域医療ジャーナル

2017年11月号 vol.3(11)

不眠症薬物療法 UP TO DATE

2017年10月19日 11:03 by 89089314

 随分涼しくなってきて、眠るには良い季節になってきましたね。よく晴れた午後にお昼寝するのはとても気分が良いものです。とはいえ、あんまり昼寝しすぎると今度は夜が眠れなくなりますけども……

 皆さんは眠れない時ってどのようにしていますか?

 寝るのにあまり苦労したこと無いという人もいるでしょうけど、寝るために色々な方法を試している人もいるでしょう。古典的な例では羊を数えるとか(笑)あるいはただ寝付くまでひたすらゴロゴロしている人もいるかもしれませんし、一旦寝るのを諦めて他のことをする人もいるかもしれませんし、お酒を飲むって人もいるでしょうね。そして睡眠薬を使うという人もいるかと思います。病院や薬局など医療の現場で仕事をしていると、睡眠薬を使って寝るという人に出会うのは日常茶飯事のことだと思います。

 今回は、そんな睡眠薬にまつわるエビデンスについて、最新の論文を参照しながら不眠症の薬物療法について改めて考えてみましょう。ここでは、睡眠の導入が目的であろうが補助的な薬剤であろうがとにかく睡眠状態の改善のために用いられる薬物を全て睡眠薬とひっくるめて話を進めていきます。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

タバコが止められない!?ちょっと変わった禁煙のための取り組みを紹介

2018年02月号 vol.4(2)

当たり前と思ってたことが覆ったエビデンス、それをどう捉えるか?〜統合失調症患者に対する生活習慣改善の取り組み〜

2017年12月号 vol.3(12)

うつ病治療の希望はどこから生まれるか?〜抗うつ薬のエビデンス再考〜

2017年10月号 vol.3(10)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年02月号 vol.4(2)

助けたい気持ち。 手をさしのべることは、簡単だ。 困っている人は、だれなの...

2018年01月号 vol.4(1)

新年あけましておめでとうございます。  地域医療ジャーナルは4年目に突入し...

2017年12月号 vol.3(12)

感染症が流行しはじめています。    冬は医療現場が最も忙しくなる時期。 ...