地域医療ジャーナル

2017年08月号 vol.3(8)

音楽療法の委託とはどんなもの? 

2017年07月21日 07:48 by yumikosato

 音楽療法には、臨床診療のスタンダード (Standards of Clinical Practice) というものがあります。この場合、スタンダードは「標準」というより「最善」に近い意味で、最善の音楽療法を行うために必要な事柄を指します。

 それが一体何かということは各国で差があると思いますが、アメリカの場合、米国音楽療法学会 (American Music Therapy Association) のサイトに行くと、いくつもの項目が出てきます。

 中でも重要なのが全面的なスタンダート (General Standards) と呼ばれるもので、音楽療法を行うにあたって、音楽療法士が行う手順についてです。

 簡単に説明すると、8つのステップがあります。

  1. Referral and Acceptance (委託と受諾)
  2. Assessment (アセスメント)
  3. Treatment Planning (治療プラン)
  4. Implementation (実施)
  5. Documentation (記録)
  6. Termination of Services (サービスの終了)
  7. Continuing Education (継続教育)
  8. Supervision (スーパービジョン)

 

「音楽療法をしています」と言ったとき、大抵の人は4の「実施」の部分を想像すると思うのですが、実際にはその前と後に行うことがたくさんあるのです。

 今日はその最初のステップである「委託と受諾」についてお話しします。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

音楽療法の基礎知識

2017年05月号 vol.3(5)

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

2017年07月号 vol.3(7)

どんよりした梅雨空の毎日。  暗い話題も、まるで窓に滴る雨粒のように、ゆっ...

2017年06月号 vol.3(6)

医療に思いやりがなくなった、と世間で言われたことがあります。  それは、だ...

2017年05月号 vol.3(5)

ようやく郷里の桜の便りが届きました。  ソメイヨシノは東京では4月に満開を...