地域医療ジャーナル

2017年08月号 vol.3(8)

医療者特集 第6回:当直前の“危険な一言”は当直業務に影響を与えるか?

2017年07月25日 17:57 by tyabu7973
0.はじめに
 さてさて夏真っ盛り!皆様いかがお過ごしでしょうか?「海なし県」生まれの私にとって、夏はみんなで集まって海に行くのが定番でしたね。夜中から友達大勢でワンボックスに乗り込んで、一路海を目指す旅は本当に楽しかったなあ。また、是非企画したいですね。皆様はどんな夏をお過ごしでしょうか?今回は、そんな夏の夜にピッタリの医療者ネタをご紹介したいと思います。まあなんだかホッコリする研究でもありますが・・・今月も宜しくお願いします。


1.ある日のひとこま
**********こんなことを経験しました********** 
研修医「先生、今日僕これから当直なんです。」
わたし「お疲れ様〜。なんだか、もうぐったりしてるねえ。」
研修医「はい、実は前回の当直の時にめちゃくちゃ忙しくて・・・。」
わたし「あ、確かに!入院6人くらいいたもんね。」
研修医「そうなんですよ〜。今から憂鬱なんです・・・」
わたし「そっか。でも今日はきっと救急車来ないって。静かな夜だと良いねえ。」
研修医「・・・先生、それって禁句なんじゃ・・・」
わたし「???」
********************************

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

2017年07月号 vol.3(7)

どんよりした梅雨空の毎日。  暗い話題も、まるで窓に滴る雨粒のように、ゆっ...

2017年06月号 vol.3(6)

医療に思いやりがなくなった、と世間で言われたことがあります。  それは、だ...

2017年05月号 vol.3(5)

ようやく郷里の桜の便りが届きました。  ソメイヨシノは東京では4月に満開を...