前回は、心と体は相互に影響し合っていて、体を病むと心も病みやすくなるのと同様に、心を病む(とまではいかなくても強いストレスに晒されると)様々な身体疾患にかかるリスクが上がるかもしれないという話をしました。

 そのように聞くと、うつ病とまではいかなくても、ちょっと最近元気がなかったりふさぎがちだったり強いストレスを感じていたりすると、それを何とかしたくなる人もいることだろうと思います。
 一般的に、死にたい気持ちが強まったり日常生活に影響が出たりするほどの中等症以上のうつ病になると抗うつ薬による薬物療法が必要になるでしょうし、実際に死のうとしたり日常生活が破綻してしまうほどの重症のうつ病になると入院治療が必要になります。しかし、そこまでいかない軽い抑うつ状態の場合はサプリメントか何か簡単なもので治したくなるかもしれません。

 軽いうつ状態に効くようなサプリメントがあるのでしょうか?

 インターネット上の情報をちょっと検索してみますと、百花繚乱なさまざまなウェブサイトが現れてちょっと引いてしまいそうになりますが、ざっと眺めてみると、おおよそ次のようなものが多く取り上げられています。

  • セントジョンズワート
  • DHA、EPAなどの不飽和脂肪酸
  • GABA(ギャバ)

他にもいっぱいありますが、今回はこれらのサプリメントが本当にうつ状態に有効なのか?安全性はどうなのか?あるいは他に有効なものはないのか?……そういったことを、いわゆるエビデンスと呼ばれるような臨床医学論文をベースに話を進めてみたいと思います。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。