地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2018年10月号 vol.4(10)

企画特集

特別寄稿:「医療倫理と教育」ー病む本人が主治医ー

京都の古い西陣地域には「おいでやす三寸」という言葉があります。まだこの町に、ガチャコンガチャコンと西陣織りの音が響いていた頃に生まれた言葉だそうです。西陣織を織っている最中に...

  いいね!   nishizawa-izumi nishizawa-izumi

いんふぉーむど・こんせんと、する……?

今回の特集に何を書こうかなぁ……と考えていた数日前、個人的な知り合いの医師とメールでやりとりしていたら「どういうインフォームド・コンセントをするべきなのかについて」というフレ...

  いいね!   spitzibara spitzibara

ねこでも読める医学論文 番外編「ねこと学ぼう、医療倫理」

はじめに  今月は毎年好例の特集号ですね。医療倫理がテーマということですが、今回も彼らに登場してもらおうと思います。  彼らが経験した症例を医療倫理的な観点からディスカッシ...

  いいね!   ph_minimal ph_minimal

医療従事者の理想の強請

「自分の勤務中に亡くなるかもしれない容体の悪そうな患者を選んで、消毒液を混入した」[1]  これは、ニュースでも大々的に取り上げられていた大口病院での殺人事件の容疑者の言葉で...

  いいね!   kangosyoku_no_ebm kangosyoku_no_ebm

高齢者薬物療法における倫理的な問題

高齢者における多剤併用、いわゆるポリファーマシーをめぐる問題が注目される中で、潜在的に有害事象リスクの高い薬剤、あるいは医学的に無益な薬剤を、いつ、どのように減らしていくかと...

  いいね!   syuichiao syuichiao

音楽療法士にとっての「倫理」とは?

音楽療法士として医療現場で働いていると、簡単に答えが出ない問題に遭遇することが多い。「患者さんから贈り物を受け取ってもいいのだろうか?」 「自分が責任をもってみれないほど、...

  いいね!   yumikosato yumikosato

2つの倫理的課題について

みなさん、こんにちは。 今年の企画特集「医療倫理とその教育」は、オンラインコミュニティ「地域医療編集室」内にある地域医療ジャーナル運営チームで決定しました。(これもはじめてで...

  いいね!   bycomet bycomet

他の号の記事

正直者が馬鹿を見る? 〜ダーゼンⓇの販売中止を振り返る〜

0.はじめに 今月はスピンオフ企画「冷酷なエビデンス」なんだそうです。読者の皆様はこの言葉を聞いてピンと来ますか?そもそも「エビデンスは冷たいのか温かいのか」みたいなテーマを...

  いいね!   tyabu7973 tyabu7973 from 2017年10月号 vol.3(10)

「母乳かミルクか」問題と科学的エビデンスと「幸せ」を考えてみた

8月末、メリーランド州の訴訟をめぐって、ちょっと面白いニュースが目に付きました。「母乳育児とミルク育児、どちらがよいか」という論争は、私が娘を生んだ30年前にもありましたが、...

  いいね!   spitzibara spitzibara from 2017年10月号 vol.3(10)

冷酷なエビデンスからあたたかな医療へ~曖昧性、不平等性、個別性~

心血管アウトカムに対するスタチン系薬剤は、一次予防、二次予防ともにその有用性が広く認められている薬剤である。[1]~[8] これまでに報告されているエビデンスという観点からす...

  いいね!   syuichiao syuichiao from 2017年10月号 vol.3(10)

化学療法によるしびれに牛車腎気丸は有効?

私が勤めている薬局は総合病院の処方せんを受け付けることが少なく、抗がん剤の処方せんを応需することがないのですが、がん治療(化学療法)を受けている患者さんが来局されることもあり...

  いいね!   ph_minimal ph_minimal from 2017年10月号 vol.3(10)

熱狂のあとに

アリセプトの熱狂 当初は効果があると思って使われていたにも関わらず、あとになってから効果がなかった、むしろ有害だったというエビデンスが明らかとなり、裏切られたように感じる薬は...

  いいね!   bycomet bycomet from 2017年10月号 vol.3(10)

「医療は人を癒せるのか」再考

今回の特集のテーマは、私自身が考え続けてきたことに近かったからでしょうか。予告されて以来なんとなく頭の片隅に住み着いて、特に意図したというわけではないのに7月、8月、9月と、...

  いいね!   spitzibara spitzibara from 2016年10月号 vol.2(10)

読者投稿:医療は人を癒せるのか?

随分、壮大なテーマである。私にとって「癒し」という言葉から連想するものは音楽であり、頭の中でアイスランドのポストロックバンド、SigurRosの音楽が流れ出し、ささやかな安ら...

  いいね!   ph_minimal ph_minimal from 2016年10月号 vol.2(10)

医療は人を癒せるのか? 健康と幸福と仏教と紐付けた随想的考察

普段、私はいわゆるEBM(Evidence Based Medicine)のスタイルに則って記事を書いているつもりですが、EBMの考え方として、とても大事なことの一つが、「当...

  いいね!   89089314 89089314 from 2016年10月号 vol.2(10)

医療は人を癒せるのか?

0.はじめに  職業人として医療に携わるようになって13年目に入ります。まだまだ若輩者の部類だと思いますが、それでも本当にたくさんの患者さんと出会ってきました。今回のテーマの...

  いいね!   tyabu7973 tyabu7973 from 2016年10月号 vol.2(10)

医療は人を癒せるのか~“医療化”に存在しうる「差別」と「希望」について~

医療は人を癒せるのだろうか。例えば、病気の早期発見が”正しい医療のあり方である”、というような考え方は、「医療が人を癒すものである」という前提の上に成り立っている。こういった...

  いいね!   syuichiao syuichiao from 2016年10月号 vol.2(10)

あちら側へ思いを馳せる

川の流れのように 若かりし頃に読んだ本を再読してみると、まったく違った印象だったり、新しい気づきや教訓を受けとったりすることがあります。 先日、学生時代に読んだヘルマン・ヘッ...

  いいね!   bycomet bycomet from 2016年10月号 vol.2(10)

読者投稿、締切迫る!

読者投稿募集中! 秋の特別企画「医療は人を癒せるのか?」(2016年10月発行予定)の読者投稿を募集中です。どしどしご応募ください。 募集要件は以下のとおりです。 * 資格...

  いいね!   bycomet bycomet from 2016年07月号 臨時増刊 vol.2(supplement 1)

10年後の医療、100年後の医療

0.はじめに 今回のテーマ、「10年後の医療、100年後の医療」というテーマを聞いてまず思ったのは、100年後は自分死んでるよな〜ということでした。10年後は、まあ・・・生き...

  いいね!   tyabu7973 tyabu7973 from 2016年01月号 vol.2(1)

10年後、100年後、医療とどう向き合うのか

10年後、そして100年後の医療。これはまた難しいテーマだ。それはあまり将来を見据えて行動したことがない、僕自身の性格によるのかもしれない。明日のことさえ分からない中で、どう...

  いいね!   syuichiao syuichiao from 2016年01月号 vol.2(1)

障害者家族として10年後の医療に望むこと~LIFEを支える「脇役」としての医療~

娘を通じて医療と密接に付き合いながら、医療職との間で様々なギャップを感じてきました。その中で最も大きなものは、医療と生活の関係性をめぐるギャップです。 ここでいう「生活」とい...

  いいね!   spitzibara spitzibara from 2016年01月号 vol.2(1)

トランスヒューマニズムと米NBICレポート(2002)から100年後の医療を展望してみる

読者の皆さんは「トランスヒューマニズム」という思想(?)をご存知でしょうか。 私は2007年の"アシュリー療法”論争(「地域医療ジャーナル」8月号を参照)の際に、擁護の立場で...

  いいね!   spitzibara spitzibara from 2016年01月号 vol.2(1)

2026年、医療の魔法が解ける?

新年あけましておめでとうございます。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。 さて、正月早々、2016年のことではなく、10年後の2026年、さらには100年後の2116年のこと...

  いいね!   bycomet bycomet from 2016年01月号 vol.2(1)

バックナンバー(もっと見る)

2018年12月号 vol.4(12)

広げようとしても、広がらないこと。 広げようとしていないのに、広がってしま...

2018年11月号 vol.4(11)

きっといつか変わる。 変化の兆しは、もう感じられる。 ふうっと吹いた小さな...